• 印刷する

テイクオフ:インドネシアは秩序整然…

インドネシアは秩序整然としていないことが多く、さまざまな場面で直接確認する必要がある。国内最大のスカルノ・ハッタ空港から国内線を利用した際、チケットに書かれた搭乗口の番号と、空港内掲示板に表示された番号が一致しない。待合室にいる係員に確かめてみる。

正しい情報が分かり安心したのもつかの間、搭乗の直前に、隣のゲートに変更したとアナウンスが流れる。移動した先で並んでいると、後ろの人から行き先を尋ねられた。いま一度確かめたくなるのも自然だ。

スマトラ島の空港を利用した時、チケットに搭乗口の記載がなかった。係員は「まだ確定していない」と平然と答える。さほど広い空港ではないとはいえ不安が残る。周囲の人の動きに注意を払いながら待つ。案内があり搭乗口前で並んでいる時、行き先が間違いないか思わず近くの人に尋ねていた。(純)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:コロナ下の2020年に…(06/28)

【日本の税務】海外赴任中の方へ贈与が行われる場合の課税関係(06/28)

ネット利用2億人突破 普及8割迫る、コロナで利用頻度増(06/28)

補助金ガソリン、7月から試験的に販売制限(06/28)

産業相訪日、自動車部品フォーラムに出席(06/28)

コマツ重機、通年販売目標1100台積み増し(06/28)

1~5月のセメント販売量、前年同期比7%減(06/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン