【為替マーケット分析】風声鶴唳(ふうせいかくれい)

■これまでの動き 週明けの5月9日(月)、アジア時間から人民元や鉄鉱石先物の下落が話題になる中、中国4月貿易収支輸出高の前年比が、予想は上回ったものの前回から大幅に鈍化し、2020年6月以来の低水準となったことが材料視されて豪ドルは軟化、先週の週間安値0.7031米ドル…

関連国・地域: オーストラリア日本米国
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オーストラリアの新聞の…(06/24)

豪印、中国にらみ協力強化 両国の国防相が会談(06/24)

豪参加の多国籍企課税厳格化、NZが実現懸念(06/24)

4大銀が米景気後退予測、豪首相は回避確信(06/24)

豪政府、高インフレ回避で実質賃下げを容認(06/24)

川重など、豪から輸送した水素で発電実証(06/24)

メディバンク、加入者に2億$の利益還元(06/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン