• 印刷する

コロナ感染者の飲み薬、代理人が受け取り可

台湾衛生福利部(衛生省)中央流行疫情指揮中心は12日、新型コロナウイルス感染者の飲み薬について、13日から家族や友人が病院で代理受診を行った上で受け取ることができるようにすると発表した。

指揮中心は、重症化のリスクがあり、米ファイザーが開発した新型コロナウイルスの飲み薬「パキロビッド」を服用する必要がある軽症・中等症の患者に適切な治療を施すための措置だと説明した。

指揮中心によると、濃厚接触者として自宅などで隔離を行っていない家族や友人を代理人にできる。代理人は感染者の全民健康保険(日本の国民健康保険に相当、健保)カードと陽性を証明できるもの(全民健康保険のアプリ「健保快易通」のPCR検査結果の画面やデジタル証明書などを含む)を持って域内に124カ所ある指定病院を訪問し、代理で診察を受ける。医師の評価を経た上で、治療に関する同意書にサインし、医師の処方箋を通じて薬局で薬を受け取る。

指揮中心は「感染者は医師の指示に基づいて薬を服用しなければならない。自分で勝手に薬の量を調節しないように」と注意喚起した。服薬後に深刻な不調が表れた場合はすぐに病院などに連絡するよう促した。


関連国・地域: 台湾
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

茨城県が食と観光アピール 台北で見本市出展、商談会も企画(08/19)

新型コロナの域内感染者、18日は2万3088人(08/19)

アップルウオッチ、ベトナムで生産計画か(08/19)

観光再開のタイムスケジュールない、指揮官(08/19)

重慶の電力逼迫、台湾ノートパソコン業に影響も(08/19)

台湾のサイバー対策支出、今年は9億米ドル(08/19)

南亜、彰浜工業区の土地取得に57億元投資(08/19)

網家の日本代理購入サービス、上期6割増収(08/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン