• 印刷する

テイクオフ:オーストラリアには諜報…

オーストラリアには諜報(ちょうほう)機関と呼べる組織がいくつかある。要するにスパイ組織だ。先日、オフレコで開かれたある外交談議に参加した際、偶然にも、ある諜報員と隣になった。

その会では、その諜報員が発言したコメントが興味深かったので、思わず筆者が「今度インタビューさせてもらえないか?」と、気軽に聞いてみた。すると彼は、のけぞるようにして「もちろんダメだよ!」と一笑に付したので、逆に面食らってしまった。だが普通に考えれば、相手は諜報員だ。どこの馬の骨とも知らぬ外国メディアのインタビューを気軽に受けて、ペラペラ話せるわけがない。

ちなみに日本にはスパイ防止法がなく、本格的な諜報機関が存在しない。そのため、各国のスパイが水面下で繰り広げる諜報活動のし烈さを知らない国民が大半だ。そんな国の記者であることを、図らずも彼に露呈してしまった。(西嵐)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ANZのデジタル豪ドル、排出権購入に使用(17:36)

豪の温室効果ガス排出量、昨年は0.8%増加(17:36)

テイクオフ:オーストラリアでは、屋…(06/28)

【日本の税務】海外赴任中の方へ贈与が行われる場合の課税関係(06/28)

人材確保に苦戦、豪企業の31% 商社・ホスピタリティー分野など(06/28)

煩雑なビザ手続き、熟練技能移民が豪回避(06/28)

〔オセアニアン事件簿〕NSWで鉄道スト、今週は大幅遅延見込み(06/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン