体外診断薬の奥泰生物、杭州に新工場

感染症などの診断が可能な体外医薬品を手掛ける杭州奥泰生物技術(浙江省杭州市)は9日、浙江省杭州市に新工場を建設すると発表した。投資総額は6億4,000万元(約125億円)を予定する。 完全出資子会社を通じ、研究開発(R&D)機能やオフィス機能が備わった工場を設置する。…

関連国・地域: 中国-浙江
関連業種: 医療・医薬品建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

アディダス、中国事業「理解不足あった」(17:02)

テイクオフ:たとえ下戸でビールが苦…(08/18)

四川の電力難の影響が表面化 長引けば電池・化学品が供給不足(08/18)

妊娠実習生の強制帰国調査、悪質事例把握(08/18)

重点建設事業を加速、投資の安定成長を図る(08/18)

「経済大省」は中央財政に貢献を、李首相(08/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン