• 印刷する

外国人ノービザ観光一部再開、日本は対象外

韓国政府は4日、6月1日から外国人観光客の査証(ビザ)なし(ノービザ)での済州国際空港(済州道)および襄陽国際空港(江原道襄陽郡)からの入国を認めると発表した。ただ、スーダンやシリアなど法務相が指定した24カ国と、ビザ免除協定が中断されている日本や香港、台湾など10カ国・地域は対象外となる。

ノービザでの入国再開は、新型コロナウイルス感染症により水際対策が強化されて以来、2年4カ月ぶりとなる。これにより、6月から大部分の国の外国人は、ビザがなくても済州島に30日間の滞在が可能になる。

襄陽空港からの入国はベトナムやフィリピン、インドネシア国籍の5人以上からなる団体観光客が対象となり、江原道や首都圏での15日間の観光が可能だ。出入国時には、同一の航空便を利用しなければならない。10月1日からはモンゴルも対象に含まれる。

中央事故収拾本部の孫映莱(ソン・ヨンレ)社会戦略班長は「海外からの入国制限措置についても、段階的に以前のように正常化していく」としている。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 観光

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本と韓国は、サッカー…(06/28)

不動産の「二極化」鮮明に 高級住宅街は最高値、格差を助長(06/28)

【日本の税務】海外赴任中の方へ贈与が行われる場合の課税関係(06/28)

新規感染者3429人、死者3人増(06/28)

韓国の賃金上昇率、主要5カ国の2.6倍(06/28)

24年には出生率0.7も、政府が人口危機対応(06/28)

LG電子、EV充電器事業に進出(06/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン