• 印刷する

テイクオフ:「本読んで」――。おい…

「本読んで」――。おいっ子たちが絵本を持ってそばまで寄ってくるたびに、内心とても緊張する。差し出されたのはシンガポールの都市高速鉄道(MRT)をテーマにした絵本。これならちゃんと読めるだろうか、と思いながらページを開く。

シンガポール人のおいっ子たちは英語を話す。両親が中華系なので、アニメなどを中国語で視聴する場合もあるが、話す言葉は基本的に英語だ。普段から英字紙や英語のリポートを読んでいるとはいえ、自身にとって絵本はほとんど未知の世界。子供向けの語彙(ごい)は、ビジネスのそれとは別物だ。初見の単語と出会う確率は非常に高い。

発音のレッスンで学んだフォニックスを駆使しながら、なんとかそれらしく読み聞かせる。ふう、今日もどうにかなった。ただ年齢が上がってきた上の子は、そろそろこちらの英語が不完全であることに気付いている気がする。(薩)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

柔軟な勤務形態への要求強く フルタイム出社で転職「6割」(08/19)

訪日の夢、制度に課題=会長 高まる海外就労意欲と日本(4)(08/19)

グラブとコカ・コーラ、事業基盤強化へ提携(08/19)

南洋大、ブロックチェーン研究所を開設(08/19)

チャンギ空港と米社、デジタル化で提携延長(08/19)

J&Tがアプリで越境宅配、まずマレーシア(08/19)

OCBC銀行、EVローン事業が2倍超に(08/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン