炭素会計の新排出区分、豪資源業界に好機か

国際的な温室効果ガス(GHG)排出量の算定・報告基準であるGHGプロトコルの中で設けられている炭素会計上の排出量区分「スコープ1~3基準」に、「スコープ4」を加える議論がなされている。電気自動車(EV)などに使用されるレアアースやレアメタルを生産するオーストラ…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オーストラリアでの食文…(09/28)

豪経済成長予測、2%に下方修正 トリプルAは維持(09/28)

各国首脳級50人近く参列、米副大統領や印首相ら(09/28)

豪ドル安、米FRBの金融引き締めが影響(09/28)

安倍氏の遺志「継承」、首相の弔問外交2日目(09/28)

豪4大銀の利益284億$、住宅ローン収入増で(09/28)

米豪印、安倍外交を評価(09/28)

豪国税局、小企業からの税収が大幅増加(09/28)

QLD州、新土地税で申告不履行なら罰金へ(09/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン