• 印刷する

斗山ボブ、水素フォークリフト開発へ

韓国斗山グループで建設機械専門の斗山ボブキャットは26日、水素燃料電池基盤の小型建設機械の開発に向け、地場エネルギー大手のSK E&Sと米燃料電池大手プラグパワーが設立する合弁法人と協力覚書を締結したと発表した。

今後は、斗山ボブキャットが水素フォークリフト開発を担当し、SK E&Sとプラグパワーの合弁法人が燃料電池の開発と供給、水素充塡(じゅうてん)ステーションの設置を手掛ける。両社は今回の協力を通じて、韓国産業通商資源省が支援する水素フォークリフト商用化の実証実験モデル事業にも参加する。

水素燃料電池車は、電気自動車(EV)と異なり長距離走行や高重量の貨物運送も可能で、フォークリフトなら3分以内の急速充電も可能だ。すでに米国では水素フォークリフトが5万台以上普及しており、日本やドイツでも物流センターなどで実用化が進んでいる。


関連国・地域: 韓国米国
関連業種: その他製造建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本と韓国は、サッカー…(06/28)

不動産の「二極化」鮮明に 高級住宅街は最高値、格差を助長(06/28)

【日本の税務】海外赴任中の方へ贈与が行われる場合の課税関係(06/28)

新規感染者3429人、死者3人増(06/28)

韓国の賃金上昇率、主要5カ国の2.6倍(06/28)

24年には出生率0.7も、政府が人口危機対応(06/28)

LG電子、EV充電器事業に進出(06/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン