恒大集団、南沙の住宅開発事業から撤退

ネットメディアの澎湃新聞によると、経営危機に陥っている不動産大手の中国恒大集団(広東省深セン市、チャイナ・エバーグランデ・グループ)が、広州市南沙区万頃沙エリアの不動産開発事業「陽光半島」から撤退した。資金繰り悪化などが背景とみられる。 陽光半島の開発を手掛け…

関連国・地域: 中国-深セン
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

〔アジア人事〕ヤマトホールディングスなど(09/27)

テイクオフ:先週末、広東省で日中国…(09/27)

ムセの国境貿易、中国で都市封鎖も影響なし(09/27)

LGがモジュールレス電池 25年量産へ、CATLに対抗(09/27)

大都市で進むビールの高級化 海外勢に追い風、日系も攻勢へ(09/27)

半導体不足で月30万台に影響、ボッシュ中国(09/27)

【日本の税務】「国外財産調書制度」とは?(09/27)

NEV輸出が好調、1~8月で昨年通年超え(09/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン