FCVの生産コスト低減へ 「年25%のペース」、普及弾みか

中国で水素を使った燃料電池車(FCV)市場が拡大する流れにある。技術力の向上や部品の国内供給体制の整備に伴い、FCVの生産コストは毎年25%下がるとの指摘があり、水素充塡(じゅうてん)インフラの拡充も合わさって普及に弾みがつくとの見方だ。水素エネルギー事業に注力…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 自動車・二輪車天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

タイはミャンマーに関与を、ジャーナリスト(08/12)

中国向けトウモロコシ輸出、86社が許可申請(08/12)

小米、今年R&Dに170億元投入(08/12)

【プロの眼】滞在先で紛争発生 命と安全どう守る(08/13)

7月の新車販売3割増 同月の過去最高、政策支援が効果(08/12)

新エネ車の製販台数、23年は730万台に(08/12)

7月の中古車取引1%減、回復傾向継続(08/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン