産業向け電気料金の割増、業界が猛反発

マレーシア建設業協会(MBAM)やマレーシア小売業協会(MRA)など11の業界団体は8日、6月まで産業向け電力料金に1キロワット時当たり3.7セン(約1.02円、100セン=1リンギ)の割増料金を課すとした政府の決定を批判する共同声明を発表した。実質的な大幅値上げだとして…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

喫煙規制法案が市場に困惑 急激な厳格化、密輸拡大に懸念も(08/12)

新規感染4896人、4日ぶり4千人超え(08/12)

ホンダ、SUV「CR―V」の新色2色発売(08/12)

RM1=29.8円、$1=RM4.45(11日)(08/12)

日本郵船などの合弁、LNG船7隻の用船契約(08/12)

バイク宅配規制、既存運送業者とは別枠に(08/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン