• 印刷する

裁判所がキリンの主張認める、合弁清算巡り

ミャンマー最大都市ヤンゴンの裁判所は26日、同国の国軍系複合企業によるキリンホールディングス(HD)との合弁会社の清算の申し立てを却下した。申し立ての根拠法令が誤っているというキリンHDの主張を認めた。

国軍系複合企業のミャンマー・エコノミック・ホールディングス(MEHL)は2021年11月、キリンHDとの合弁会社のビール大手ミャンマー・ブルワリー(MBL)の清算をヤンゴン西地区裁判所に申し立てた。

これに対し、キリンHDは、エコノミック・ホールディングスの申し立ては「根拠法令が誤っている」と指摘し、却下するよう裁判所に求めていた。申し立ての根拠となった会社法の条文は、新たに制定された倒産法の施行により無効となったとされている。

裁判所の却下命令を受け、エコノミック・ホールディングスが根拠法令を修正した上であらためて清算を申し立てる可能性はあるが、キリンHDは21年12月に提起した商事仲裁や当事者間の協議を通じた解決を要求していく。

キリンHDは21年2月のクーデター直後に、エコノミック・ホールディングスとの合弁関係を解消することを決定。交渉に取り組んできたが、エコノミック・ホールディングスがキリンHDの提案を拒否する態度を示したため、子会社を通じてシンガポール国際仲裁センター(SIAC)に商事仲裁を提起している。キリンHDの磯崎功典社長は共同通信に、合弁解消の協議を今年6月末までに決着させたいとの考えを明らかにしている。

裁判所が国軍系のエコノミック・ホールディングスの申し立てを退けたのは、裁判所を統制下に置く国軍が外国投資家の視線を意識したためとの見方もできる。

国軍が任命した投資・対外経済関係相として、投資環境の整備に取り組んでいるアウンナインウー氏は昨年12月、共同通信などとのオンライン会見で、キリンHDの合弁解消問題に「法律に沿い解決されるべきで、司法介入はしない」と強調していた。


関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: 食品・飲料マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

日本入国、6月から98カ国・地域が検査免除に(05/27)

ザガイン、綿花栽培は今年8.1万エーカーに(05/27)

26日の感染者4人、50日連続死者ゼロに(05/27)

対日輸出、3カ月連続プラス クーデター前の水準に(05/27)

1~4月の税収3割増、年度目標半分超え(05/27)

国内のドル取引停止を指示、中央銀行(05/27)

国軍が大手銀行に「支援」、破綻懸念で(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン