• 印刷する

JR東、台北で今夏コワーキング施設開業へ

JR東日本グループは26日、台北市中山区で今年夏にもコワーキングスペース「One&Co Taipei(ワンアンドコータイペイ)」をオープンすると発表した。ワンアンドコーとしては2019年8月に開設したシンガポールに続く2拠点目。

台北捷運(台北MRT)中山駅から徒歩4分の場所に位置する建物の2~3階部分に設ける。総面積は約1,400平方メートルで、営業時間は24時間・365日。2~12人で使用できる個室オフィス26室のほか、ラウンジエリアに約110席を設ける。会社登記や郵便受け取り、専用電話番号の提供などバーチャルオフィスとしての使用も可能。

利用料金は個室オフィスの2人用が月4万6,000台湾元(約18万9,000円)から。ラウンジのデスクは月1万元からで、平日午前9時から午後6時までは1時間200元からの都度利用もできる。


関連国・地域: 台湾
関連業種: サービス

その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナの域内感染者、29日は7万6539人(16:52)

日本入国、6月から98カ国・地域が検査免除に(05/27)

新型コロナの域内感染者、28日は8万835人(18:02)

新型コロナの域内感染者、27日は9万4808人(18:02)

感染拡大で追加経済対策 346億元、「共存」で規模縮小(05/27)

IPEF、共同歩調は米次第 参加国離脱あり得る、識者に聞く(05/27)

新型コロナの域内感染者、26日は8万1852人(05/27)

台北の小中高校、6月2日までオンライン授業(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン