マルチ・スズキの10~12月、48%減益

インドの自動車最大手マルチ・スズキが25日に発表した2021/22年度第3四半期(21年10~12月)連結決算は、純利益が前年同期比47.8%減の104億1,800万ルピー(約159億円)だった。半導体不足による販売減や原材料高の影響を受けた。 売上高は前年同期からほぼ横ばい(0.9%減)の2…

関連国・地域: インド日本
関連業種: 自動車・二輪車その他製造マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

日本入国、6月から98カ国・地域が検査免除に(05/27)

タイヤCEAT、南部工場の能力倍増へ(05/27)

IPEF、共同歩調は米次第 参加国離脱あり得る、識者に聞く(05/27)

自賠責保険料の引き上げ承認、来月から適用(05/27)

GSTの税率区分見直し、物価上昇で困難に(05/27)

現代自、SUV「ベニュー」累計30万台突破(05/27)

電動自転車の購入支援制度、デリーで導入(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン