今期のGDP成長率1%を予測 世銀、一部安定化の兆しを反映

世界銀行は26日、ミャンマーの2022年9月期(2021年10月~22年9月)の国内総生産(GDP)成長率を1%とする予測を発表した。前期のマイナス18%からは回復する。一部で安定化の兆しがあることを反映した。一方、昨年2月のクーデターによる影響は依然として甚大で、脆弱(ぜい…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

民際センター、学校支援強化 危機下で問われる教育権の保護(05/26)

ガソリン価格低下、依然2千チャット超(05/26)

外国航空会社3社、6月からヤンゴン便再開(05/26)

重慶―マンダレー間、鉄道利用の新輸送路(05/26)

マンダレー管区産トマトに高値(05/26)

コメ相場高騰、輸出業者が苦境(05/26)

ミャンマー人難民向け診療所、インドに開設(05/26)

民主派武装勢力、ザガイン勢力圏で徴税強化(05/26)

国軍、ザガインの複数郡区で通信を遮断(05/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン