• 印刷する

禁酒日を21日から3日に削減、デリー政府

インドのデリー首都圏政府(州政府に相当)は24日、禁酒日となる「ドライデー」を昨年の21日から今年は3日に減らすと発表した。業界団体は歓迎している。PTI通信が伝えた。

首都圏政府の通達によると、禁酒日は共和国記念日(1月26日)、独立記念日(8月15日)、マハトマ・ガンジー生誕祭(10月2日)の3日。これらの日にアルコール販売店は営業できないが、ホテルが宿泊者にアルコール飲料を提供することは可能としている。

インド・アルコール飲料企業連合会(CIABC)のビノド・ギリ事務局長は、「昨年の禁酒日の多さは時代に合っていなかった」と述べ、首都圏政府の方針について「大いに歓迎する」とコメントした。


関連国・地域: インド
関連業種: 食品・飲料マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

日本入国、6月から98カ国・地域が検査免除に(05/27)

タイヤCEAT、南部工場の能力倍増へ(05/27)

IPEF、共同歩調は米次第 参加国離脱あり得る、識者に聞く(05/27)

自賠責保険料の引き上げ承認、来月から適用(05/27)

GSTの税率区分見直し、物価上昇で困難に(05/27)

現代自、SUV「ベニュー」累計30万台突破(05/27)

電動自転車の購入支援制度、デリーで導入(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン