21年のホテル売上高2割減、苦境続く

シンガポール政府観光局(STB)の統計で、国内ホテル業界の2021年の売上高は前年比21%減の9億7,960万Sドル(約830億円)だった。下げ幅は前年の71%から縮小したが、新型コロナウイルスの影響で厳しい状況が続いている。 客室1室当たりの平均売上高(RevPAR)は1…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 観光マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

北部MRT駅に商業施設開業 JR東、エキナカ事業の第1弾(07/01)

オリックス、自動車販売会社との合弁解消(07/01)

ボンバルディア、サービスセンター拡張完了(07/01)

インドネシア、鶏肉の輸出許可(07/01)

民間住宅価格、4~6月は前期比3.2%上昇(07/01)

新規感染9505人、高水準で推移(30日)(07/01)

オムニチャネル化へ共同事業 現地2社、デジタル経済に商機(07/01)

キリン、ミャンマー事業売却 合弁ビール会社の自己株式取得で(07/01)

竹中工務店、産官学連携の共創拠点開設(07/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン