• 印刷する

電子商取引に付加価値税、4月1日から適用

カンボジア政府は、4月1日から電子商取引(EC)に付加価値税(VAT)を適用すると決定した。同国内の非居住者が運営するデジタル関連サービスも課税対象となる。プノンペン・ポスト(電子版)が23日に伝えた。

税務総局(GDT)多額納税部門の責任者であるエン・ラタナ部長は18日、ECへのVAT適用は2021年12月8日付の指示第20522号に盛り込まれたと説明。23年までの歳入確保戦略を補完する上で重要な意義を持つとの見方を示した。

投資や金融事業を手掛ける地場カンボジアン・インベストメント・マネジメント(CIM)グループのアンソニー・ガリアーノ最高経営責任者(CEO)は、政府による課税方針を支持。オンライン取引の増加に言及した上で「新たな税源を確保する動きは、既存納税者の負担拡大を回避するだけなく、財源の多様化にもつながる」とコメントした。

また、海外企業が運営するデジタル関連サービスを課税対象に含める動きは、世界の潮流になりつつあると指摘。同様のサービスを提供する地場各社が税制面で不利にならないためにも、必要な措置と強調した。

アジア開発銀行(ADB)によると、19年のカンボジアのデジタルサービス業界の売上高は4億7,000万米ドル(約535億円)。分野別の売上比率は旅行が37.9%、ECが27.6%などとなっている。

商業省は先月1日付の声明で、3月1日までに外国企業を含むEC関連各社や個人事業主に対して、事業認可の申請を行うよう通告。怠った場合は法的な措置を講じる可能性があると警告した。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 食品・飲料IT・通信小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ジェトロ、ユーチューブ動画シリーズを制作(05/20)

神鋼環境ソリュ、南部の浄水場で竣工式(05/20)

22年経済成長予測、国際情勢懸念で5%台(05/20)

【アジア本NOW】『「帝国」ロシアの地政学 「勢力圏」で読むユーラシア戦略』(05/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン