• 印刷する

春節のホテル予約取り消し相次ぐ、コロナで

台湾での新型コロナウイルス感染再拡大を受け、北部を中心に観光ホテルや飲食店で春節(旧正月、2月1日)連休期間の予約の取り消しが増えている。台北市の台北万豪酒店(タイペイ・マリオット・ホテル)は、宿泊と飲食事業の予約取り消しによる損失額が約3,500万台湾元(約1億4,400万円)に上るという。25日付工商時報などが伝えた。

台北万豪酒店は従来、春節連休の客室稼働率は65%の見通しだったが、足元では約40%に低下。約1,000万元の損失を見込む。宴会予約のキャンセルは35件で、損失額は計2,000万元。ホテル内レストランの予約取り消しでは約500万元の損失になるという。

同ホテルによると、予約の取り消しは主に大人数での貸し切りや中大型企業の定例会食で、家族での利用や個人客の取り消し状況は現時点で深刻ではない。

華泰大飯店(グロリアホテル)グループは、とりわけ台北の華泰王子大飯店(グロリア・プリンスホテル)とサービスアパートメントの華泰瑞舎(グロリアレジデンス)へ影響が大きいと指摘。2カ所のキャンセル率は15~20%に上る。新北市の板橋凱撒大飯店は、除夕(旧暦の大みそか、1月31日)から2月3日までの客室稼働率が元々8割だったが、6割程度に落ち込んだ。

台北君悦酒店(グランドハイアット台北)は、直近2日間で100室の予約が取り消された。2月2日の客室稼働率は元々85%だったが、足元では69%となっている。

■飲食、北部3市で客足減

飲食業者によると、感染が比較的深刻な桃園、台北、新北の3市では客足が減少。「尾牙(旧暦の忘年会)」や除夕の会食の予約をキャンセルする動きもあり、来客数は2~3割減少している。

台湾外食大手の王品集団は、桃園エリアの店舗が比較的大きな影響を受けていると指摘。レストランチェーンを手掛ける台湾の漢来美食(ハイライ・フーズ)は、3市の店舗で来客数が3割減少しているという。


関連国・地域: 台湾
関連業種: 医療・医薬品サービス観光社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:在宅勤務中に始まったア…(05/26)

抗原陽性で感染確定を全面化 26日から、医師の確認経て(05/26)

新型コロナの域内感染者、25日は8万9352人(05/26)

台北の感染者減少、PCR未実施など要因か(05/26)

中南部で感染者増加、台北上回る(05/26)

高齢者など、ワクチン接種で検査キット贈呈(05/26)

22年の世界スマホ用カメラ出荷、50億個予測(05/26)

世界ノートPCパネル出荷、2Qは2割減予測(05/26)

鴻海傘下FII、35年の炭素中立達成へ(05/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン