• 印刷する

TSMCやUMC、在宅勤務実施

ファウンドリー(半導体の受託製造)世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)は、24日から在宅勤務を実施することを決めた。新型コロナウイルスの域内感染の拡大を受けた措置。聯合報が伝えた。

同業では聯華電子(UMC、聯電)も今週から在宅勤務を全面的に実施すると発表した。外国人労働者については、全員に新型コロナウイルスの検査を行う方針。

桃園市などで域内感染の確認が相次ぐ中、TSMCは17日から防疫措置を強化。工場への来客の受け入れを一時停止したほか、対面の会議は原則避けることとし、実施する場合は出席者を最低限に制限し、かつ安全な距離を保つことを求めるとしていた。


関連国・地域: 台湾
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

日本入国、6月から98カ国・地域が検査免除に(05/27)

新型コロナの域内感染者、28日は8万835人(05/28)

新型コロナの域内感染者、27日は9万4808人(05/28)

感染拡大で追加経済対策 346億元、「共存」で規模縮小(05/27)

IPEF、共同歩調は米次第 参加国離脱あり得る、識者に聞く(05/27)

新型コロナの域内感染者、26日は8万1852人(05/27)

台北の小中高校、6月2日までオンライン授業(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン