• 印刷する

東急ハンズ中国1号店、4月に上海オープン

東急ハンズ(東京都渋谷区)は2月29日、中国本土で第1号店となる店舗を、上海梅龍鎮伊勢丹で4月1日にオープンすると発表した。店舗面積は約363平方メートル。フランチャイズ店を出店している台湾に続く海外進出となる。

同社広報は出店を決めた経緯について、「去年、一昨年に上海梅龍鎮伊勢丹で催された販売促進会『上海伊勢丹ジャパンフェア』に、販売ブースを出展したことがきっかけ」と説明。同イベントを経て、中国市場にも受け入れられる実感を持ったという。

また今回の店舗オープンに先駆け、3月5日~11日に開催される同イベントに今年もブースを出展すると発表している。

同社は台湾でフランチャイズ店「ハンズタイロン」を2000年に出店している。同フランチャイズ店は順調に店舗数を増やしており、現在12店となっている。

<上海>


関連国・地域: 中国-上海台湾日本
関連業種: 小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:朝晩にランニングをして…(04/21)

中国IT大手が存在感 上海MS、車両ハイテク化が加速(04/21)

5G利用端末2.6億台、世界最大級の通信網(04/21)

日米が楽天を共同監視、中国への情報流出警戒(04/21)

中国経済は年内「力強く成長」、朱民氏(04/21)

経済安保が重要課題に、効率優先曲がり角(04/21)

新5カ年計画で工業ネット促進、科学技術省(04/21)

アナンダ、中国・香港でコンド販売強化(04/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン