• 印刷する

東急ハンズ中国1号店、4月に上海オープン

東急ハンズ(東京都渋谷区)は2月29日、中国本土で第1号店となる店舗を、上海梅龍鎮伊勢丹で4月1日にオープンすると発表した。店舗面積は約363平方メートル。フランチャイズ店を出店している台湾に続く海外進出となる。

同社広報は出店を決めた経緯について、「去年、一昨年に上海梅龍鎮伊勢丹で催された販売促進会『上海伊勢丹ジャパンフェア』に、販売ブースを出展したことがきっかけ」と説明。同イベントを経て、中国市場にも受け入れられる実感を持ったという。

また今回の店舗オープンに先駆け、3月5日~11日に開催される同イベントに今年もブースを出展すると発表している。

同社は台湾でフランチャイズ店「ハンズタイロン」を2000年に出店している。同フランチャイズ店は順調に店舗数を増やしており、現在12店となっている。

<上海>


関連国・地域: 中国-上海台湾日本
関連業種: 小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

全ての村にネット通販、22年めどに物流整備(05/24)

米系のVRテーマパーク、横琴で7月開業(05/24)

「第3の通信会社」、買収で事業免許取得(05/24)

中華電信、華為販売見合わせ 他社も様子見、シェア拡大に暗雲(05/24)

深セン、検問所の改革実行へ 皇崗は貨物通関停止、両地一検も(05/24)

警備設備の関連業界に波紋 米の制裁懸念で、株価は急落(05/24)

中台連合のJDI支援、決定に至らず(05/24)

新しい横琴検問所、年末に供用開始へ(05/24)

日本企業、華為向け製品への対応急ぐ(05/24)

【一帯一路の現場から】日本の投資待つ、ハンバントータ港開発(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン