SKの海外投資、主力3分野に8割投入

韓国のSKグループは、2017年から5年間のグローバル市場への投資額は計48兆ウォン(約4兆5,800億円)で、そのうち約80%の38兆ウォンを電気自動車(EV)バッテリー、バイオ、半導体の3分野に投じたと明らかにした。韓国経済新聞が伝えた。 このうち、投資規模が最も大きかっ…

関連国・地域: 韓国米国
関連業種: 自動車・二輪車医療・医薬品IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:韓国の中小企業や自営業…(05/25)

サムスンが45兆円投資 財閥3社も、新政権にアピール(05/25)

米大統領、ミャンマー民主化への回帰強調(05/25)

新規感染者2.6万人、死者19人増(05/25)

サムスンが45兆円投資へ、「半導体超大国」主導(05/25)

キヤノンコリアがビジネスプリンター発売(05/25)

シャープが特損117億円、LGに賠償の仲裁判断(05/25)

ハンファシステム、伊防衛企業と協力(05/25)

5月の消費者心理指数、1.2ポイント下落(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン