燃油価格、原油高で上昇続く

カンボジアで燃油価格が上昇を続けている。世界的な原油価格の高騰などが影響しているとみられる。プノンペン・ポスト(電子版)が23日伝えた。 商業省は、1月16~31日のガソリンの小売価格を1リットル当たり4,350リエル(約122円)、軽油を同4,050リエルと定めている。 燃油価…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: 自動車・二輪車天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

1~3月世帯月間収入、首都と沿岸部で減少(05/25)

5月下旬の燃油価格、ガソリンは0.9%引上げ(05/25)

マレー系、トタルから太陽光発電事業を受注(05/25)

マ航空、ASEANで6回搭乗可能な航空券(05/25)

IPEF、半導体や脱炭素が求心力(05/25)

キャッサバ輸出、FTA活用に課題(05/25)

来月5日の地方議会選、選挙運動始まる(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン