• 印刷する

テイクオフ:「シャバの空気はやっぱ…

「シャバの空気はやっぱりうまいぜ」。思わずそんなセリフが頭に浮かんだ。日本への一時帰国からタイに再入国。新型コロナ感染症対策の代替隔離施設(AQ)での「軟禁」から解放された朝のことである。

日本に帰国した際に2週間、タイに戻って1週間。年末年始に計3週間にわたって不自由なホテル生活を過ごした。オミクロン株の感染拡大を受け、日タイ両国とも水際対策を強化した時期に当たり、一時帰国のタイミングとしては最悪だったと言わざるを得ない。

両政府の水際対策を経験して感じるのは、経済立て直しとの両立のもどかしさだ。本音では今すぐにでも制限を緩和したいが、そのたびにコロナ感染が盛り返してくる。個別の国で一時的に感染が減っても、世界的に収束させない限り、今後もいたちごっこが続きそうな気配だ。問われているのは利害を超えた国同士の協力だ。(須)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:タイの結婚式といえば、…(05/25)

日系企業、バイオ事業加速 タイ政府の重点政策を後押し(05/25)

感染者4144人、死者は36人(24日)(05/25)

バンコク知事選、政界に波紋(05/25)

大和PI、保険テック企業に出資(05/25)

FTI、今年の車生産目標180万台に据置き(05/25)

南部チュンポンの海岸道路完工、観光促進へ(05/25)

マ航空、ASEANで6回搭乗可能な航空券(05/25)

4月の6空港利用、408万人で前年の約2倍(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン