住宅着工数が3Qに急減、見通しは不透明

オーストラリアの新設住宅着工戸数が、2021年第3四半期(7~9月)に5万6,617戸となり前期比で16.3%急減したことが分かった。2大都市などでの長期的なロックダウン(都市封鎖)が建設活動に影響した。今後の見通しは新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の流行で不透明…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:わが家はシドニーの駅近…(05/20)

豪の新型コロナ死、10%は別の死因=統計局(05/20)

〔政治スポットライト〕豪人、生活費高騰リスクも最低賃金上昇を支持(05/20)

〔政治スポットライト〕労働党の政策コスト、与党を74億$上回る(05/20)

豪4月失業率3.9%、48年ぶりの低水準に(05/20)

低調な賃金上昇、市場独占が原因=前競争委長(05/20)

サントス幹部が訪日、JX石油開発などと協議(05/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン