• 印刷する

テイクオフ:昨年12月に発生した「…

昨年12月に発生した「フィッシング詐欺」が世間を騒がせている。ある大手銀行の顧客500人近くの口座から、ネットバンキング経由で少なくとも計850万Sドル(約7億2,000万円)が不正に引き出されてしまったからだ。

詐欺師の手口はこうだ。まず銀行になりすまして顧客の携帯電話にテキストメッセージを送る。メッセージ内のリンクをクリックするよう促し、偽のウェブサイトに誘導。顧客がネットバンキングのログイン情報を入力後、正規のサイトに素早くアクセスし、2段階認証に必要な情報や振込限度額を変更し、送金を終わらせてしまう。変更通知を受けた顧客が慌てて銀行に連絡した時には手遅れだ。

今回の事件に限らず、当地では詐欺と思われる電話やメッセージを受け取ることが多い。当局は「疑わしい連絡」を無視するよう警告しているが、線引きは難しい。早急な対策が求められている。(利)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 金融IT・通信社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

通信シングテル、4期ぶり増益 新CEOの下で純利益3.5倍に(05/28)

日本入国、6月から98カ国・地域が検査免除に(05/27)

新規感染3323人、4日連続減少(28日)(13:03)

新規感染3830人、3日連続減少(27日)(10:05)

サービス業売上高、4四半期連続で2桁上昇(09:23)

新興カーシェア、現代自の新型EV導入へ(05/28)

ジェトロが企業庁と提携、新興企業を支援(05/28)

OCBC銀に資本増強命令、詐欺事件で(05/28)

小売り・不動産メトロ、通期は36%減益(05/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン