都市部の労働者不足、テト明けから解消へ

ベトナムで求人・求職情報サイトなどを運営するチョートットの調査によると、テト(旧正月、2022年は2月1日が元日)明けから都市部の労働者不足が解消に向かう見込みだ。昨年の厳しい新型コロナウイルス対策による経済停滞で古里に帰っていた労働者の職場復帰などが進むという。…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

21年のPE投資額、東南アは250億米ドル(21:57)

【アジアエクスプレス】デニム輸出が拡大 パキスタンの躍進(19:22)

【アジア本NOW】『「帝国」ロシアの地政学 「勢力圏」で読むユーラシア戦略』(19:22)

新規感染1830人、前日から45人増=18日(19:58)

【アジアの風、日本のゆくえ】(第8回) スマホが変えるアジアの都市(05/18)

上場17銀行、年内に増資計画 資金需要にらみ自己資本増強へ(05/18)

〔アジア人事〕プレナスなど(05/18)

HCMメトロ3a号線、日本の技術導入提案(05/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン