物価、政変8カ月で8%上昇 ガソリンなど8割高騰

ミャンマーの消費者物価が、クーデター直前の2021年1月から9月までに8%上昇していたことが分かった。9月は急激なチャット安で輸入品が高騰した時期で、ガソリンや軽油の価格は1月から8割ほど上昇した。国軍による為替管理の強化や燃料の価格統制により、ガソリンなどの価格…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 自動車・二輪車食品・飲料天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

日本入国、6月から98カ国・地域が検査免除に(05/27)

ザガイン、綿花栽培は今年8.1万エーカーに(05/27)

26日の感染者4人、50日連続死者ゼロに(05/27)

対日輸出、3カ月連続プラス クーデター前の水準に(05/27)

1~4月の税収3割増、年度目標半分超え(05/27)

国内のドル取引停止を指示、中央銀行(05/27)

国軍が大手銀行に「支援」、破綻懸念で(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン