• 印刷する

一般市民の暗号資産取引抑止へ、当局が指針

シンガポール金融管理庁(MAS、中央銀行に相当)は17日、一般市民による暗号資産(仮想通貨)取引を抑止するためのガイドラインを公表した。ライセンスを持つ登録事業者や金融機関などによる、仮想通貨関連サービスの広告やマーケティング活動を大幅に制限する。マネーロンダリング(資金洗浄)やテロ資金供与などへの懸念が背景にある。

決済に利用できる暗号資産「デジタル決済トークン」を取り扱う全ての事業者に、一般大衆向けの広告・マーケティング行為を禁じる。同暗号資産のサービス提供事業者として大規模決済機関の免許を取得している企業だけでなく、デジタル決済トークンを取り扱う銀行や金融機関、仮免許で試験運用している全ての企業を対象とする。

具体的には、街頭、交通機関の車内、インターネット・ソーシャルメディア、テレビ・ラジオ放送、印刷媒体上での広告を禁止する。現金自動預払機(ATM)の設置、インフルエンサーの起用、他社との共同プロモーションの実施も認めない。

自社のウェブサイト、アプリ上での宣伝や、ソーシャルメディアの自社アカウントの運用は認めるが、「仮想通貨取引の高いリスクを過小評価するような表現」は認めない。

金融管理庁は以前から、一般市民による仮想通貨取引を推奨しないという姿勢を取っていた。今回のガイドラインでは「デジタル決済トークンのサービス提供者は、元来マネーロンダリングとテロ資金供与リスクにさらされる可能性が高い。技術的なリスクもある。デジタル決済トークンの取引は一般大衆にふさわしくない」と明言した。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 金融IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

新規感染4578人、4月は全てオミクロン(19日)(13:01)

シンガポール航空の業績改善 赤字幅が78%縮小、売上2倍に(05/20)

チャンギ空港運営社、6600人以上採用へ(05/20)

SBI、南洋大や韓国企業とファンド設立(05/20)

LNG輸入業者、追加で最大2社選定へ(05/20)

KPMGが給与水準引き上げ、23億円拠出(05/20)

MRTジュロン地区線、2案件を発注(05/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン