• 印刷する

ワクチン4回目接種者、開始2日で4万人超

カンボジアの首都プノンペンで、14日から新型コロナウイルスの4回目となる追加接種(ブースター接種)が開始された。15日時点での接種者は4万3,000人超。フン・セン首相も、南部カンダル州タクマオの自宅で4回目の接種を受けた。地元各紙が伝えた。

4回目の追加接種は、対象が18歳以上の成人で、期間は1月14日から2月14日まで。米ファイザー製のワクチンをまず医療関係者や警察、国軍関係者、一部公務員らに優先接種する方針で、15日時点での接種者は4万3,000人を超えた。ワクチン保管などの問題があるため、接種地域はプノンペンのみとなっているが、ファイザー製以外のワクチンも準備して全国で接種可能な体制を構築する計画だ。

フン・セン首相は、ブースター接種を受けることがオミクロン株の感染拡大を防ぐ最適の方法と指摘。さらに引き続き、「3つの守るべきこと、3つの避けるべきこと」を順守するよう国民に呼び掛けた。政府は、守るべき事項として◇マスクの着用◇こまめな手洗い◇1.5メートルの社会的距離(ソーシャルディスタンス)確保、避けるべき事項として◇密閉された場所◇人混み◇他人との接触――を挙げている。

カンボジアでワクチンを1回以上接種した国民は1,430万人。目標とする「総人口(約1,600万人)の91%(同1,450万人)への接種」にわずかに届いていない。総人口に対する接種率は89.4%になっている。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

日本入国、6月から98カ国・地域が検査免除に(05/27)

1~4月の税収3割増、年度目標半分超え(05/27)

銀行部門への外国投資、5年で40億ドル超(05/27)

プノンペン経済特区、1~3月は赤字縮小(05/27)

アクシアタ1Q決算、スリランカ危機で赤字(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン