• 印刷する

テイクオフ:日本に一時帰国してあら…

日本に一時帰国してあらためて痛感するのは、テレビのグルメ番組とお笑い娯楽番組の多さだ。こちらが普段テレビを見ないタチだからかもしれないが、日本のどのチャンネルをひねっても放送されているそうした番組の数々には、いささか閉口させられる。

それは翻って、政治や経済のニュース報道や質の高い情報番組の少なさを示しているのかもしれない。硬派な番組では視聴率が取れないのだろう。だがこうした状況は必然的に、国民の政治への無関心や、お上に対する従順さを育てており、悪循環になっている。しかし恐らく日本政府にしてみれば、それは望ましい状況なのだろう。

コロナ禍や景気低迷、安全保障の危機にあって、政治よりグルメ、国会審議の現実よりドラマの虚構に関心がある国の行く末が、コメディーのような顛末にならないことを祈る。(西嵐)


関連国・地域: オーストラリア日本
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

日本入国、6月から98カ国・地域が検査免除に(05/27)

IPEF、共同歩調は米次第 参加国離脱あり得る、識者に聞く(05/27)

テイクオフ:住んでいる地区のSNS…(05/27)

豪EV販売、200%超増加 テスラ「モデル3」がダントツ(05/27)

民間設備投資、1Qは0.3%減も今後は良好(05/27)

〔政治スポットライト〕豪財政悪化へ、前政権が圧迫要因開示せず?(05/27)

〔政治スポットライト〕豪財相、多国籍企の税逃れ取締り強化に意欲(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン