• 印刷する

テイクオフ:インドネシアでは年末年…

インドネシアでは年末年始まで、幸い新型コロナウイルスの感染者数は低く抑えられてきた。当初、感染対策として計画されていた全国一斉の行動制限強化も撤回され、年末年始の休暇中は、すっかりコロナのことを忘れてしまっているような人も見られた。

地方にある島の観光地を訪れた際、マスクをしていないガイドに出会った。理由を聞いてみたところ「この島では皆健康で、コロナに感染している人はいない」と話し、もうコロナから自由になったと考えていたようだった。別の人は、マスクは常にポケットの中に入れているが、監視員もめったにやってこないから、マスクは付けたことはないとのことだった。

もし多くの国民がこのような調子でいるのであれば、インドネシアがコロナ禍を克服できるのはいつになるのだろう。オミクロン株の感染拡大もあり、油断は禁物だ。(エ)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

食用油の高騰、天井見えず 国際市場ひっ迫で拍車懸念(05/20)

テイクオフ:昔の話だが、初めて海外…(05/20)

米テスラ、年内に投資実施か 中ジャワ州が候補、投資相が言及(05/20)

23日から食用油の輸出再開=大統領(05/20)

年内にボーキサイトとスズ禁輸、投資相が明言(05/20)

再生可能エネルギーは輸出せず=投資相(05/20)

対外債務3月、前年同月比1%減(05/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン