• 印刷する

三菱自、21年12月の小売り販売シェア14%

MMKSIの21年12月の小売り販売台数のうち、「エクスパンダー」シリーズが全体の6割を占めた(同社提供)

MMKSIの21年12月の小売り販売台数のうち、「エクスパンダー」シリーズが全体の6割を占めた(同社提供)

三菱自動車のインドネシア販売子会社ミツビシ・モーターズ・クラマ・ユダ・セールス・インドネシア(MMKSI)は14日、2021年12月の小売り市場シェアが13.8%だったと発表した。小売り台数は、乗用車が9,004台、小型商用車が3,613台の合計1万2,617台。

モデル別では、小型多目的車(MPV)「エクスパンダー」シリーズ(エクスパンダーと上位モデルのエクスパンダークロス)が7,581台で最も多く、前月(3,225台)から2倍以上に増えた。このほか、小型トラック「L300」は2,431台、中型スポーツタイプ多目的車(SUV)「パジェロスポーツ」は1,420台、ピックアップトラック「トライトン」は1,174台だった。

これらモデルのセグメント別シェアは、「エクスパンダー」シリーズが小型MPV市場で34%、「L300」が小型二輪駆動ピックアップ車市場で約60%、「パジェロスポーツ」が2500ccの中型SUV市場で30%、「トライトン」が四輪駆動ピックアップ車市場で69%だった。

21年通年の小売り台数は、前年比91%増の10万4,407台。市場シェアは13.2%だった。


関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

食用油の高騰、天井見えず 国際市場ひっ迫で拍車懸念(05/20)

テイクオフ:昔の話だが、初めて海外…(05/20)

米テスラ、年内に投資実施か 中ジャワ州が候補、投資相が言及(05/20)

23日から食用油の輸出再開=大統領(05/20)

年内にボーキサイトとスズ禁輸、投資相が明言(05/20)

再生可能エネルギーは輸出せず=投資相(05/20)

対外債務3月、前年同月比1%減(05/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン