• 印刷する

春節の花市、感染拡大懸念で中止に

香港政府は14日、春節(旧正月、今年は2月1日)前に市内の15カ所で開かれる予定だった花市(年宵市場)を中止すると発表した。新型コロナウイルス感染状況の急速な悪化が理由。

花市は毎年、香港島中心部のビクトリア公園などで大々的に開かれる春節前の風物詩だ。食品環境衛生署(食環署)は「感染対策を講じた上で開催する予定で調整していたが、昨今の感染状況に鑑み、感染拡大リスクを最低限に抑えるために中止を決めた」と説明した。

花農家らが大きな打撃を受けることから、政府は補助金を支給する考え。花市の出店者には出店料を返金する。コロナ経済対策基金「防疫抗疫基金」の第5弾から610万HKドル(約9,000万円)を、15カ所の花市と新界・大埔の新春市場の中止関連に充てる。

花市の中止で、市内の花市場が混雑すると予測されることから、食品・衛生局の陳肇始(ソフィア・チャン)局長は「民政事務局や警察と協力して花市場の混雑を制御する」としている。

政府は2021年の春節に際し、コロナ禍を理由にいったん花市中止を発表したものの、業者などからの強い批判を受けて撤回した経緯がある。今回、実際に中止されれば、初めてのコロナ禍による中止となる。


関連国・地域: 香港
関連業種: 医療・医薬品農林・水産小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

2~4月の失業率5.4%に悪化 内需関連は2桁、底打ち観測も(05/20)

〔アジア人事〕ミスミグループなど(05/20)

新たに291人感染、前日から38人減(05/20)

海外接種記録ひも付け、オンラインで可能に(05/20)

反落、ハンセン指数は2.5%安=香港株式(05/20)

挙式の問い合わせ3割増、制限緩和で(05/20)

大橋経由の空港乗り継ぎ、出境税免除へ(05/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン