• 印刷する

テイクオフ:中部セブ市から車に揺ら…

中部セブ市から車に揺られて3~4時間の場所にある同島南端の観光地オスロブは、ジンベエザメと一緒に泳げることで知られる。新型コロナウイルスの感染が拡大する前に訪れた際は、早朝に出発したにもかかわらず、到着すると観光客であふれかえっていた。

今はどうかとフィリピン在住の米国人が動画投稿サイト「ユーチューブ」に投稿していた動画を見てみると、閑散としていて驚いた。動画内では「以前はたくさんの人が訪れていたのですが……」とコメント。コロナがまん延しているため当たり前の光景ではあるのだろうが、かつてのにぎわいはなくなっていた。

政府は厳格な外出・移動制限に踏み切ってはいないものの、接種を受けていても日々増える新規感染者数の動向が、遠出することを敬遠させているのかもしれない。気軽に外出を楽しめるようになるのはいつになるだろうか。(凪)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナウイルスの感…(05/25)

政府、成長率見通し引き下げ 22年7.0~8.0%、米利上げを警戒(05/25)

大統領、次期政権は「原発活用を」(05/25)

ビコール地域、最低賃金1日55ペソ上げ(05/25)

オミクロン派生型、外出制限の厳格化不要(05/25)

外国商議所、RCEP早期批准を要請(05/25)

マ航空、ASEANで6回搭乗可能な航空券(05/25)

IT機器販売アプソン、上場を申請(05/25)

ジョリビー会長ら、投資サービス立ち上げ(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン