21年車販売、28%増の376万台 プラス転換も半導体不足が重し

インド自動車工業会(SIAM)が14日に発表した2021年の国内新車販売台数(乗用車と商用車の合計、出荷ベース)は、前年比27.9%増の375万9,540台だった。マイナス成長だった前年からプラス転換したものの、新型コロナウイルス感染症の第2波と半導体不足で販売にブレーキがかか…

関連国・地域: 韓国インド日本
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:パキスタンは現在、38…(05/23)

洋菓子の新業態店がハノイに 麦の穂、5年で海外300店目標(05/23)

ジェットエアが運航再開へ 逆風の再出発、価格競争厳しく(05/23)

フンセン首相、インドのモディ首相と会談(05/23)

入国上限2万人に、世界の8割が検査免除(05/23)

政府、燃料価格高騰でガソリンと軽油を減税(05/23)

FDI流入額、昨年度は過去最高の835億ドル(05/23)

きょうIPEF発足、半導体など供給網強化(05/23)

中央消費者保護庁、オラとウーバーに改善要請(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン