国軍が諜報部門強化、抵抗勢力の抑制目的で

ミャンマー国軍は、諜報部門の強化をもくろんでいるようだ。新兵採用が難航する中、全国で展開されている軍に対する抵抗運動を抑えるため、諜報活動を拡大する必要があると判断したと見られる。電子メディアのイラワジが13日伝えた。 国軍は、新たに北部と南部に諜報部門である国…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

24日の感染者11人、48日連続で死者ゼロ(11:39)

ザガイン管区で焼き打ち、5千人避難(10:59)

マンダレー管区産トマトに高値(10:56)

登校再開の機運、葛藤胸に 教育の遅れに募る危機感(05/25)

新モン州党、和平交渉で国軍支持の姿勢(05/25)

米大統領、ミャンマー民主化への回帰強調(05/25)

ヤンゴンのパーム油価格、8.7%引き下げ(05/25)

油料作物の栽培面積拡大へ、ザガイン管区(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン