〔のぞき見〕観光業が感染拡大を懸念

新型コロナウイルスの域内感染の確認が続く中、南投県の一部の宿泊業者が予約のキャンセルや延期などを懸念しているようだ。13日付聯合報などが伝えた。 ホテル業界団体の南投県旅館公会の李吉田理事長によると、同県の宿泊施設は、春節(旧正月、2月1日)連休期間中の予約率が…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 医療・医薬品サービス観光社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「値上がりしたんだ。悪…(01/27)

米企業9割超が台湾経済楽観 過去最高、電力供給に懸念も(01/27)

新型コロナの域内感染、26日は46人(01/27)

BNTワクチンを追加購入へ、約1000万回分(01/27)

UMC、今年の増収幅を20%に上方修正(01/27)

和碩董事長、コロナ規制の1年内解除を予測(01/27)

台湾大哥大、ポッドキャストの声浪に出資(01/27)

盛弘医薬、桃園に医療モール開設へ(01/27)

JR東、台北で今夏コワーキング施設開業へ(01/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン