ドンナイ省のテト賞与、外資平均812万ドン

ベトナム南部ドンナイ省の今年のテト(旧正月)賞与は、出資形態別の平均額では外資系企業が812万ドン(約360米ドル、約4万1,000円)と最も高く、これに民間企業が786万ドン、100%国営企業が700万ドン、国の出資率が過半の株式会社が672万ドンと続いている。11日付トイチェー電子…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

【現場で語る2022年】生産維持、今年も最大の課題 ホンダ、電動化は二輪で先手(01/20)

東南アジアで「即配」攻勢 香港系ジーク、来年に上場計画(01/20)

オミクロン株、HCM市で初の国内感染例(01/20)

テト賞与は平均617万ドン、前年比3%減(01/20)

計投省、米政府と小規模企業支援事業を開始(01/20)

緩やかなドン高基調続く、三菱UFJセミナー(01/20)

東南アの訪日客、21年はコロナ禍で94%減(01/20)

21年訪日客最少24万人、出国者は69年並み水準(01/20)

6G通信の研究を年内開始へ、情報通信相(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン