電力供給制限、送電塔の破壊が原因=電力省

ミャンマー国軍の統制下にある電力・エネルギー省は、ナショナルグリッド(全国送電網)に電力を供給する大型発電所の出力低下による電力供給量の制限について、送電塔の破壊が大きな原因であるとして国民に理解を求めた。 12日付国営紙グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャン…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

24日の感染者11人、48日連続で死者ゼロ(11:39)

ザガイン管区で焼き打ち、5千人避難(10:59)

マンダレー管区産トマトに高値(10:56)

登校再開の機運、葛藤胸に 教育の遅れに募る危機感(05/25)

新モン州党、和平交渉で国軍支持の姿勢(05/25)

米大統領、ミャンマー民主化への回帰強調(05/25)

ヤンゴンのパーム油価格、8.7%引き下げ(05/25)

油料作物の栽培面積拡大へ、ザガイン管区(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン