• 印刷する

豪宇宙企ギルモア、国内最大エンジン試験成功

オーストラリアの新興企業で、宇宙関連事業を手掛けるギルモア・スペース・テクノロジーズはこのほど、国内最大のロケットエンジンの燃焼試験に成功したと発表した。今年後半、クイーンズランド(QLD)州から同エンジンを搭載したロケットを打ち上げ軌道に乗せる計画だ。オーストラリアンが伝えた。

ギルモア・スペースは2016年に同社初のハイブリッドロケットを打ち上げた実績がある。今は、革新的なロケット推進技術の開拓に注力しており、これまでに投資家から8,700万豪ドル(約73億円)を調達している。

燃焼試験は75秒間で、同社が想定していた最大推力110キロニュートンを達成。同社は今後5年間で300~4,000キログラムの人工衛星や機器を軌道に打ち上げることが可能なロケットの開発を目指しており、今回の試験成功は大きなマイルストーン達成となった。

ロケットの打ち上げについては、現在QLD州北部のボーエンにあるアボットポイント開発区域の宇宙基地の利用について、連邦・州政府当局の承認を待っているところだとしている。

同社の創業者であるギルモア最高経営責任者(CEO)は「われわれの開発したエンジンは、商業・防衛における宇宙分野に大きな利益をもたらす」と評価した。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: その他製造IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:最近SNS(交流サイト…(01/27)

準備銀が早期利上げか、4QのCPI3.5%で(01/27)

日本企2社、豪で個別に水素関連事業を推進(01/27)

FMG、英のF1関連バッテリー企業を買収(01/27)

豪12月企業信頼感、オミクロン株で大幅下落(01/27)

NSW政府、屋内マスク規制を2月末まで維持(01/27)

政府がRAT追加調達、薬局は供給安定楽観視(01/27)

〔政治スポットライト〕中国系アプリ、豪政府がボイコット呼び掛け(01/27)

アドブルー国内生産増強、長期供給に懸念も(01/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン