• 印刷する

テイクオフ:「カルナタカ州警察、職…

「カルナタカ州警察、職員募集で性的少数者枠」。最近、そんな見出しの記事を地元メディアで見つけ、画期的だと感じた。8人分のトランスジェンダー枠を設け、職員募集を始めるという内容だった。

インドやパキスタンには昔から、自身を男女どちらでもないと考えるヒジュラと呼ばれる人々が存在する。ヒジュラの人々が訴えた裁判で、インドの最高裁は14年4月、「自身の性認識は憲法が認めた権利」として「第3の性」を認めた。いろいろと調べるうち、中部チャッティスガル州など3州では、警官としてトランスジェンダーの採用実績がすでにあると知った。

異論もあるようだが、社会で差別状態がある程度解消されるまでは、カルナタカ州のように「枠」を設けるなど、積極的な措置が時に必要だと思う。日本でもLGBTへの理解は広まりつつあるが、インドの記事を読み、まだ寂しい気がした。(鈴)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インドでは最近、あるビ…(01/27)

ヤシ殻培土生産でDX推進 新興ココカラ、農家の所得向上(01/27)

マルチ・スズキの10~12月、48%減益(01/27)

オラ、四輪車のコンセプトカーの画像公開(01/27)

配車や食事宅配車両の電動化、首都で義務化へ(01/27)

鉄鋼タタ、22年3月期の販売量2%増見通し(01/27)

ホンダ二輪、CBR650Rの22年モデル発売(01/27)

地場コマキ、電動クルーザーバイクを発売(01/27)

オラの電動車部門、2億ドルを調達(01/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン