• 印刷する

ペトロナス、シェル子会社と脱炭素化で提携

マレーシアの国営石油ペトロナスは11日、英・オランダ資本の石油大手ロイヤル・ダッチ・シェルの子会社サラワク・シェルと「二酸化炭素(CO2)の回収・貯留」(CCS)分野で共同研究などを進めることで合意した。

CCSは石油掘削現場や発電所、工場などで排出されるCO2を分離・回収して地中深くに貯留する技術で、温暖化対策の有効な手段とみられている。双方は脱炭素化に向け、海底油田があるサラワク州沖でのCCSの開発計画の策定を進める。合意には、ペトロナスがマレーシア国内外のシェルの施設や域内の潜在顧客に対し、脱炭化化に向けたサービスを提供していくことも盛り込まれた。

ペトロナスのアディフ・ズルキフリ副社長兼川上部門最高経営責任者(CEO)は「今回の提携はCCS分野における提携機会の開拓に向けたペトロナスの継続的な努力を示すものだ」と述べた。

ペトロナスは昨年11月、米系エクソンモービル・エクスプロレーション・アンド・プロダクション・マレーシアとCCS分野で協力することで覚書を締結。同12月には韓国鉄鋼大手ポスコの商社部門ポスコ・インターナショナルなどともCCS技術で提携した。


関連国・地域: マレーシア欧州
関連業種: 天然資源マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

日本入国、6月から98カ国・地域が検査免除に(05/27)

ハラル認証の骨セメント投入 Kパワー、医療分野で事業拡大(05/27)

新規感染2430人、4日ぶり2千人超(05/27)

マレーシア企業、シングポストのEC買収(05/27)

RM1=28.8円、$1=RM4.40(26日)(05/27)

マ航空、以遠便に国内フライト無料の特典(05/27)

川崎汽船、ペトロナス向けLNG船を竣工(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン