マレー半島部の電力料金、1月以降も据え置き

マレーシアの国営電力テナガ・ナショナル(TNB)は12月31日、政府インセンティブ規制(IBR)の第2次適用期間(PR2)の延長が決まったと発表した。当初は同日までの予定だったが、マレー半島部の平均電力料金は1月1日以降も1キロワット時当たり39.45セン(約11円、100…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

喫煙規制法案が市場に困惑 急激な厳格化、密輸拡大に懸念も(08/12)

新規感染4896人、4日ぶり4千人超え(08/12)

ホンダ、SUV「CR―V」の新色2色発売(08/12)

RM1=29.8円、$1=RM4.45(11日)(08/12)

日本郵船などの合弁、LNG船7隻の用船契約(08/12)

バイク宅配規制、既存運送業者とは別枠に(08/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン