EV廃電池を再利用、浦項市に集積地造成へ

韓国環境省は23日、慶尚北道と同道浦項市の両自治体と、電気自動車(EV)の使用済みバッテリーをリサイクルする集積地の造成に向けた協定を締結したと発表した。2024年までに488億ウォン(約47億円)の事業費を投入し、浦項市の2カ所の産業団地内に研究支援団地と企業集積団地を…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 自動車・二輪車電機化学マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

新規感染者3.1万人、死者31人増(16:04)

統一地方選・国会議員補選戦がスタート(17:02)

【アジアエクスプレス】デニム輸出が拡大 パキスタンの躍進(19:22)

【アジア本NOW】『「帝国」ロシアの地政学 「勢力圏」で読むユーラシア戦略』(19:22)

移行期FDI件数首位は中国 2011年水準に、中銀規制ネックか(05/18)

テイクオフ:確かそんなことを書いた…(05/18)

【アジアの風、日本のゆくえ】(第8回) スマホが変えるアジアの都市(05/18)

ウォン安加速で企業に負担 13年ぶりの下げ幅、物価高響く(05/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン