CATL、ポーランドに電池工場建設か

車載電池大手の寧徳時代新能源科技(福建省寧徳市、CATL)が、ドイツへの電池供給を目的として、隣国ポーランドに新工場の建設を計画しているもようだ。投資額は20億ユーロ(約2,590億円)とされる。証券日報(電子版)が23日、ポーランド紙の報道を引用して伝えた。CATLは…

関連国・地域: 中国-福建韓国米国欧州
関連業種: 自動車・二輪車電機建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

コロナ国内感染、24日は102人(11:41)

〔アジア人事〕日本軽金属など(05/25)

テイクオフ:公園でボール遊びをする…(05/25)

政府、成長率見通し引き下げ 22年7.0~8.0%、米利上げを警戒(05/25)

政府がコロナ対策で大なた 車税600億元減、需要180万台増も(05/25)

豪州新首相、クアッドに参加 インド太平洋への関与に意欲(05/25)

燃油価格高騰、環境税の追加引き下げ提案(05/25)

コロナ国内感染、6日連続の100人台(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン