21年通年のIPO件数8件 コロナ禍で低迷、SPACに期待

シンガポールの2021年の新規株式公開(IPO)件数は8件となり、20年の11件から減少した。新型コロナウイルス禍で厳しい感染対策が敷かれたことなどが市況に影響したようだ。調達総額は16億5,400万Sドル(約1,410億円)で、20年の14億Sドルを上回った。不動産投資信託(REI…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 金融


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナウイルス禍に…(01/27)

21年の設備投資118億Sドル 3割減も半導体・バイオは好調(01/27)

製造業生産高指数、21年は13%上昇(01/27)

腐敗認識ランク、東南ア5カ国で順位低下(01/27)

インドネシアに92億ドル投資、再生エネなど(01/27)

住宅との複合、工業団地開発の主流に(01/27)

UOB銀行、中国法人に20億元注入(01/27)

新規感染5996人、前日から2倍に(25日)(01/27)

【人財羅針盤】第184回 2022年の昇給率について(01/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン