中国の江蘇通用科技、南部工場の建設始動

中国のタイヤメーカー、江蘇通用科技は17日、カンボジア南部のシアヌークビル経済特区(SSEZ)で自動車タイヤを生産する工場の建設を開始した。投資額は3億米ドル(約340億円)。クメール・タイムズ(電子版)が19日に伝えた。 工場の稼働は2022年末の予定で、「千里馬輪胎(…

関連国・地域: 中国カンボジア
関連業種: 自動車・二輪車その他製造


その他記事

すべての文頭を開く

次期ASEAN国防相会合に軍政閣僚招待か(05/20)

ジェトロ、ユーチューブ動画シリーズを制作(05/20)

神鋼環境ソリュ、南部の浄水場で竣工式(05/20)

22年経済成長予測、国際情勢懸念で5%台(05/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン