地元雇用優遇法が15日施行 ハリヤナ州政府「75%は州民に」

インド北部ハリヤナ州政府が15日、地元住民の優先雇用を州内企業に義務付けた新法を施行する。「月給3万ルピー(約4万6,800円)以下の従業員の75%は地元住民にしなければならない」というのが趣旨で、複数の地元メディアは「企業の新規投資の抑制につながり、州内経済の成長を危…

関連国・地域: インド日本
関連業種: 自動車・二輪車電機その他製造金融IT・通信マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:3月のインド着任後、北…(05/25)

「ボリュームゾーンで戦おう」 ビームサントリーの挑戦(中)(05/25)

豪州新首相、クアッドに参加 インド太平洋への関与に意欲(05/25)

自動車各社、鉄鋼価格低下でコスト圧力軽減(05/25)

マルチスズキ、地場IT企業に出資(05/25)

LML、工場整備など35億ルピーの投資計画(05/25)

首都のEV充電施設、7月に100カ所稼働(05/25)

米投資会社、印と東南アに20億ドル投資計画(05/25)

キハダ規制強化合意至らず、来年に協議継続へ(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン